新着情報
今年も御守護を感謝して!~新嘗(にいなめ)祭を執行しました。
神社情報
2018年11月23日(金)

早朝から陽射しがさし、心地よい秋風が薰る11月23日、午前10時より新嘗(にいなめ)を執行しました。

日本の国がら(国体)は、天照大神三大神勅(さんだいしんちょく)のひとつ「斎庭稲穂(ゆにはいなほ)」より授かった稲作文化のおかげで形成されて神代より代々と引き継がれてきております。

そのため、神社の祭りの中でも今年の実りを祈る祈年(きねん)、鎮座神の大神威崇め祝う例祭(れいさい)、そして、今回の新嘗(にいなめ)神社三大式と称し、必ず本殿開けて奉仕する大切な祭りと位置付けられています。

新嘗祭は、祈年祭に対し、今年の穀物作物などの豊作五穀豊穣~ごこくほうじょう)と氏子地域をはじめ、日本の安寧発展感謝する祭りです。

今年は氏子崇敬者の伊藤ご夫妻より新米沖中より御神酒はし佐商店から鮮魚()のご奉納があり、神前にお供えし大神等にお喜び戴きました。

2人姉妹で息が合った舞姫による浦安の舞奉仕もあり、神社総代11氏子崇敬者6名あわせ18名の参列者とともに今年の様々な実りに感謝申し上げました。

これからもくさんのご参列をお持ちしております!











Update:2018-11-23 Fri 11:17:23 ページトップへ