新着情報
尾鷲伝統の縁起物!~大宝市へようこそ
神社情報
2019年1月2日(水)

尾鷲の縁起物には古い言い伝えがあります。(詳しくはHP~大宝市参照)

ヤマトタケル尊がよく縁起物の神様といわれますが、この東紀州、特に尾鷲ではヤマトタケル尊の功績は、当神社の主祭神、スサノヲ命御神力を授かったからと称され、尾鷲神社を縁起物の祖(おや、或いはもと)神と呼び、ここから縁起物を授かる様になったそうです。

それぞれの縁起物には、

  熊  手~福をかき集める(簑なども同じ)
  福  俵福を溜め留める
  破魔矢~福を魔や邪鬼から守る

という縁起があり,昔は全てを合わせ持ち、家や会社の安全繁栄などを願ったとされています。

写真は2日の午後3時頃、すこし落ち着いた時の大宝市の光景です。
明日の3日目で参集殿での市は終わりますが、4日以降は通常の授与所で
縁起物
の授受となり、15日のどんど焼きまでお受けいただけます。

残り宝(縁起物)には、大福来たる!」

このような言葉が神社では伝えられております。
つまり、長く残った縁起物(御守なども)には、それだけ多く大神等の神威を受け授かっているという言い伝えです。

残り福をお受けに是非ご参拝下さい。


Update:2019-01-02 Wed 15:40:42 ページトップへ