新着情報
大弓・御獅子で祭りの幕を下ろします!~ヤーヤ祭り(5日夜神事)
神社情報
2019年2月6日(水)

2月5日の午後、梼務町が大名行列を組み、町中を手伝い町の手踊りを従えて尾鷲神社に宮上がりを行い、全ての氏子町が大神等にご挨拶をすました午後5時頃から夜の神事が始まりました。

まず、親方衆梼務町着座の儀盃の酌み交わし)を行い、梼務町は順番に垢離掻き(海で身を清める)して弓場に集合!

的を取り付けて位置を確認後、宮司が的の前で大弓神事祝詞を奏上し、午後6時過ぎ、親方衆と梼務町、手伝い町が見守る中、いよいよ大弓の儀の神事が始まりました。

各梼務町の弓射(ゆみゆい)が、ひと立2矢を合計なな立(全部で14本)順々に射っていきました。(さん立以降は二人掛け合いで進めます。)

昔から的の真ん中(星という)を射貫くと、その梼務町は町を挙げて「祝いと祓い」の両方の意味を含み、伊勢神宮した伝わっておりますが、今年も僅か五㎜ほどずれて星を射ることはできなかった様です。

大弓の儀が終えた午後8時45分頃最後神事である御獅子出御(しゅつぎょ)が行われました。

獅子殿(祝詞)→参集殿から大神おのせして太鼓の合図で出御(祝詞)

境内に出るとヤーヤ衆が御獅子を警護して、「オシシじゃ・オシシじゃ」の掛け声とともに第一鳥居へ!鳥居を出たところで伝統の神事を行う。

まずは左回りして浜方豊漁浜方萬歳大神等の神威をいただき、引き続き右回りして豊作萬歳山方へも御神力を仰ぐ。

再びヤーヤ衆に守られて参集殿へ!獅子箱に納めて祝詞を奏上し、親方衆と共に参拝!最後に元の獅子殿に戻して神事終了

その後、親方衆と今年の梼務町と来年の梼務町(梼受町)で梼渡しの儀式を済まして、長き5日間ヤーヤ祭りの幕が下りました。


Update:2019-02-10 Sun 14:07:34 ページトップへ