新着情報
令和元年夏越の大祓~茅輪(ちのわ)くぐりを執り行いました!(6/30)
神社情報
2019年7月15日(月)

6月30日()の午後4時、恒例夏越しの大祓式を執行しました。

当日は終日雨天の予報でしたので、大祓式は屋根のある弓場の下で行い、茅輪拝殿前の境内に舗設し、傘を差してくぐること致しました。

(実際には祭典時は降りそうで最後まで降らずに過ぎましたが・・・)

今年は日曜日でしたが、生憎の雨のおかげで神職、総代を含め総勢110名程の参加者でした。しかしながら、この雨には昔からの祓えの極意川、海、滝など水を被る作法があり、正に恵みの雨、大神等からの大祓の神威だと感じました。

まず弓場で集まった皆、大祓詞を奏上して各々知らず知らずに犯した罪穢れや願い事をうつした人形をお祓いした後、各自切麻を以て自祓(じばらい)し、大祓式をおさめました。

次に、夏は当神社の主祭神のスサノヲ命の神話から生まれた神事である茅輪くぐりを執り行います。

(詳細はHPの尾鷲神社のここがすごくね!?を参照して下さい。)

みな月の なごしの祓するひとは  千年(ちとせ)の

     命のぶといふなり (2回)  蘇民将来(そみんしょうらい)×4回

唱え言葉を歌いながら、宮司、舞姫(人形持ち)、神職、参加者の順に列を作って茅輪(ちのわ)を8の字を描くように3回くぐり、古式の則って行いました。

なお、今年も茅輪は7月8日まで設置しておきましたところ、1日以降に来られた大勢の参拝者の皆様にお喜びいただき、茅輪をくぐられておりました

来年も6月30日、午後4時に夏越の大祓式を執行致しますので、たくさんのご参加を待ちしております!



Update:2019-07-14 Sun 15:10:07 ページトップへ