新着情報
熊野灘部隊慰霊祭のご報告
2019年7月29日(月)

ようやく梅雨明けとなり、今年も厳しい夏の陽射しが降り注いだ7月28日)午前10時、熊野灘部隊慰霊祭が執り行われました。

熊野灘部隊とは、本土の守護と先の大戦(大東亜戦争)時、この尾鷲の土地へ潜水母艦「駒橋」を中心とした遥か関東東北から総勢314名の軍人により組織された海軍の部隊です。

今思えは、遡りし終戦が間近だった昭和20年7月28日早朝、連合軍の戦闘機奇襲攻撃に遭い、当時、尾鷲湾に配置されていた「駒橋」他、多くの戦艇が沈められました。

この時、国土や尾鷲を守るため、勇敢にも連合軍と交戦したのが熊野灘部隊で当時、戦局もかなり不利だったにもかかわらす、部隊は嵐の様に着弾降り注ぐ中雄々しく戦い抜きました。

がしかし・・・空爆は10時間程続き、147名尊き命犠牲となりました。

この147名のご英霊は、それぞれ出身地での護国神社にお祀りされているでしょうが、御亡骸の多くはこの尾鷲にあります。

この史実を踏まえて、熊野灘部隊慰霊顕彰会のお志から神社境内社の招魂社横に建立された慰霊碑の前で、毎年たくさんの招待者が参列する中で、慰霊祭を執行しております。

近隣諸国や国内でも様々な意見がありますが、現在の日本繁栄があるのは、ご英霊の尊き御霊のおかげです。この戦没者慰霊顕彰祭は、永く言い伝えて執り行っていかねばならぬ祭典です

日本人のとして

Update:2019-07-30 Tue 13:14:38 ページトップへ