新着情報
8月月次祭~台風難避けと全国戦没者の御霊なごめ
神社情報
2019年8月15日(木)

2日ほど前から西日本全体が暴風圏に入る大型の台風10号の影響を受け、尾鷲も朝から暴風雨が降る8月15日(木)午前9時、8月月次祭を執り行ないました。

今日の天候では参拝者はいないと思っていましたところ、氏子の方が2名ご参列下さりました。

そのお気持ちに感謝しながら、大神等にまずは台風10号によりこの尾鷲を始め、日本全国を大難なく御守り下さるように祈願しました。

そして、8月15日一般的には終戦日といわれています。しかし、正確には日本国が無条件降伏を受け入れて停戦状態になった日です。

そして、厳密に言えば、本当の終戦は、昭和27年4月28日、アメリカを始めする連合国が様々な占領政策戦後処理などを終えて、日本が独立国として国家主権回復した時です。(サンフランシスコ講和条約の発効

とは言え、日本人にとって、戦争終結することを知った8月15日、この日を終戦日と感じるのも最もです。

尾鷲神社では8月月次祭に合わせ、現在の日本の繁栄は、先の戦争でのため家族のためと戦い、尊き生命を燃やしていった御英霊のおかげである事を忘れてならない御霊なごめ祭も執行しております。

今年も御霊なごめの祝詞を奏上し、最後に参列者の皆様と共に黙祷を捧げました。

様々な意見があるようですが、この戦没者慰霊顕彰には、政治(外交)や政教分離などは全く関係ありません。そして、決して影響受けてならないのです。

日本人として、その尊き「こころ精神)」を見忘れず、来年の御参拝をお待ちしております。


Update:2019-08-16 Fri 14:57:36 ページトップへ