新着情報
八幡神社(兼務)の例祭!~秋晴れの中、神事・祭事を執行しました。
2019年9月15日(日)

9月1日に事始奉告祭で始まった八幡神社本祭例大祭)が執り行われました。

今年は9月15日日曜日であったため、昔を懐かしむか如く1日で神事・祭事を執り行いました。

まず午前零時梼人、梼務町、招待者、神社総代、手伝い町の氏子達が集まり、神々しさを感じさせる静寂の中で御扉開きを行いました。

続いて午前10時からの例大祭神事では、子どもによる「浦安の舞」も奉仕され、日々の神恩感謝と更なる御守護御神徳を祈念しました。

そして、清々しい秋晴れの中、午後13時より祭事スタート氏子達が中心となって奉仕する「大名行列と道中手踊り」が行われました。

梼受町(来年の梼務町)野地町尾鷲節披露、梼務町の大名行列に続き、各氏子町(手伝い町)の道中手踊りで、まずは町中(旧熊野街道)を練り歩きます

充分に町中を賑やかした後、最後に八幡神社境内に上がり、大神等に梼務町を始め、各町手踊りを奉納して祭事を納めました。

お祭りの納めとして、梼渡しの儀式が行われました。

神社総代が親方(見届け人)を務め、今年の梼務町今町から来年梼務町(梼受町)の野地町の間で酌み交わし、代々梼務町に受け渡されていく八幡神社掛軸を引き継ぎました。

そして、無事に梼務を務め上げた今町への労いと、来年、梼を務める野地町光明願って最後に皆で柏手打ち全てを閉じました!

来年も良き祭りなるように神明奉仕に尽くしていきたいと思っております。

Update:2019-09-16 Mon 10:57:23 ページトップへ