御祭神と御神徳

→ 体験祈祷 オリジナル勾玉祈祷

尾鷲神社御祭神
◎武速須佐之男命(主祭神)
○櫛御氣野命○彌都波能賣神
○大山祗神○天之忍穂耳命
○猿田彦神○天之菩卑能命
○應神天皇○天津日子根命
○若狭姫尊○熊野久須比命
○菅原道眞○活津日子根命
○火之迦具土神○多岐理毘賣命
○大物主神○市寸嶋比賣命
○國之常立尊○多岐都比賣命
○宇迦之御魂神○級長戸邊命
○事代主神
(御神徳)

上記のごとく、主祭神の武速須佐之男命をはじめ二十二柱の神々が鎮座しており、氏子・崇敬者からは、お鎮り下さる神様がどんな願い事に対しても、必ずお力添えがある神社として名高い。

特に武速須佐之男命の御縁起から、武神の神力にすがろうと、戦国時代の頃はたくさんの武将達が必勝祈願に訪れたらしい。

→ 伝承・文化財~お馬堂参照

又、境内に樹齢一千年を超える御神木・大楠(別名、夫婦楠)があることから、良縁・夫婦和合・子授かりの神としても有名である。

→ 伝承・文化財~大楠参照

更に、初めて歌を詠まれた神としても高名でこの地域では歌聖、芸能の神とも崇められている。

→ 歌絵馬伝説参照

なお、姉神の天照大御神とのうけい(契約)の神事や八岐の大蛇(オロチ)退治の神事他様々な伝承があり、祓いの神、道開きの神しての一面も広く知られている。

身体・精神(知能)ともどもに優れた文武両道の神と称して、祈祷者並び参拝者からその御神徳を仰がれている。

現在も受験合格、スポーツなどの必勝や事業(商売)繁栄、車祓(交通安全)などの祈願に来る方も少なくない。

直径百三十センチメートル以上もある大太鼓による特別祈祷も行っている。

→ 体験祈祷 オリジナル勾玉祈祷